カテゴリー: 種類別育て方

フィカス・ベンガレンシス

フィカス・ベンガレンシス

クワ科 原産地 東南アジアとかインドとか

THE 観葉植物のフィカス・ベンガレンシス。
育てやすく、人気も流通量もそれなりにあり、王道。THE観葉植物です。

見た目の特徴としては

  • 葉っぱが丸っこい
  • 幹が白っぽい
  • やや緑濃いめ

といったところでしょうか。

あと、葉っぱの裏側に薄っすら産毛が生えてて触ると気持ちいいです。

よくわかんないですが、仏教のありがたい木らしく、もしも枯らしてしまったらお釈迦様に怒られるかもしれません。

明るい場所で育てるに越したことはありませんが、メチャメチャ日が当たる場所じゃなきゃいけないという程ではありません。
(明るい場所で育てたほうが綺麗に育つし、簡単だしトラブルも起きづらいですよ)

でもまぁ、暗いところに強いとは言いませんが、まぁそれなりでもなんとか。耐陰性は普通ですね。

水やりに関しては、もちろん「土が乾いたら」のタイミングですが、特別過湿に気をつけたり乾燥に気をつけたりということもありません。普通です。

成長速度に関しては根の状態や環境に大きく左右されるのでケースバイケース度が高いですが、早くもなく遅くもなく、普通。

温度は5℃を下回ると厳しいですね。10℃あれば余裕と思います。普通に生活している室内であれば問題ありません。普通です。
(ちなみに何度か冬越しチャレンジしましたが屋外はだめでした)

まぁ要するに普通のオンパレードですね。

でも落ち込むことはありません。
普通に良いです。
育てやすいし、色白の幹も好きです。

他を貶めるのはあまり良くないですが、人気のウンベラータとくらべてもよっぽどベンガレンシスのほうが育てやすいです。
(ウンベラータは結構神経質なとこがあって、ちょっとなんかあるだけで葉が黄色くなったり虫ついちゃったり。気つかいます)

虫は付きやすい方では無いですが、暗い場所で育てて元気がなかったり乾燥しすぎたりするとカイガラムシやハダニが発生することもあるので注意です。

たまには葉っぱを拭いてやったり、霧吹きで湿度をあげたり、日々気にかけるだけでかなり虫は防げます。

注意点を挙げるとすれば、光量が不足すると葉っぱがゴワゴワします。
なんというか、葉っぱが平らじゃなくなるというか波打つ感じですかね。

まとめると

  • 耐陰性ー普通
  • 水やりー普通
  • 耐寒性ー普通

総合的に見て普通です。
よって、クセもなく育てやすい。

オススメです。

ソフォラ・プロストラータ

ソフォラ・プロストラータ

マメ科 ニュージーランド原産

ジグザグの枝に細かい葉っぱがちょこちょこ付いててなんともカワイイやつ。

レア植物というほどではないけど流通量は多くは無いですね。生産してる人が少ないのかな。

特にこの写真ほどの大きさの株は殆ど出回らないです。
ちっさい苗なんかはそこそこありますが、良い株はあんまりないんですよね。

育てるのは難しくないのですが、私は3度枯らしてしまったことがあります。

一度目は適当にやって枯らし、2度め3度目は棚の上に置いてそのまま忘れて枯らしてしまいました。

でもホントに難しくないんで、トライしてみてください。

育てるにあたって、重要なポイントは2つ。

①「日当たりの良い場所で育てる」←超重要
②「水をしっかりやる」

とりあえずこれさえやっとけば大丈夫です。

植物の基本的な傾向として、葉っぱが細かくて沢山ついている奴は日当たりが超重要。
暗い場所だと悲しいくらいに葉が落ちます。

あと、マメ科の植物はよく水を吸うので土が乾いてきたらしっかりやること。土が乾いていないか、こまめにチェックすることが重要です。
(ちなみにマメ科は他に、エバーフレッシュ・ミモザなんかがあります。みんなよく水を吸う)

黄色い葉っぱが目立つようになったら日当たりor水やりが大丈夫か要確認です。

ネットで調べたところ、耐寒性は4℃とかって書いてありました。(意外!知らなかった)

まぁ、あえて冬場に外で育てることはオススメしませんが、ネット情報が正しければ東京の冬くらいならいけそうですね。
イランイランに続き、これも冬越しチャレンジしてみます。

 

 

エンシクリア ポリブルボン

 

エンシクリア・ポリブルボン Encyclia polybulbon

ラン科 ディネマ属

多分本当は、<ディネマ・ポリブルボン Dinema polybulbon>が正しい名前です。
分類が変わったりしてよくわかりませんが、趣味で育てるぶんにはそんなことどうでもいいです。

花期 12月~3月くらい
最低気温 8℃ 暑さにはそこそこ強いけど、しっかり水をやるように

 

さて、今回は植物です。
いつも植物ですが、鉢物です。

ランですね。
ランと言えば、胡蝶蘭が圧倒的に有名ですね。
でもコチョウラン以外にもメチャクチャたくさん種類があります。

カトレア、シンビジューム、あたりは名前も聞いたことがあるかもしれませんね。

そんななかでも、このポリブルボンはなかなかにメジャーではないランです。

花は小さく華奢で、華やかさに欠けます。
しかしながら、ホワイト×ブラウン~イエローのセンスの良い色合いで沢山花を咲かせます。
そして、何より丈夫。

大体ランというのは、育てるのが難しい…花が咲かない…みたいな感じですが、このランは丈夫で育てやすい。
育てやすいというのは、暑さ寒さに強いのが理由です。
ランは寒さや暑さに弱いものが多く、日本で育てるのは向いてないでしょ、というモノが多いです。

水は結構好きな方なので、霧吹きしたりするとよろしいかと存じます。

このポリブルボン、放置植物の中に入れてみたりもしていますが、元気に育っています。いずれ花を咲かせてくれたらいいなと思いを馳せています。