カテゴリー: 種類別育て方

エバーフレッシュの育て方

エバーフレッシュの育て方

別名 アカサヤネムノキ(そう呼んでるヤツみたことない)
本名 ピテケロビウム
東南アジアとかが原産地らしいです。

エバーフレッシュ、人気ですねぇ。
私も好きです。エバーフレッシュ。
名前が良いですよね。ストレートにフレッシュっていっちゃてるくらいだから、やっぱりフレッシュな感じがします。

わかりやすくて育てやすいし、時に南国っぽく、時にスタイリッシュに、またあるときは和風にもなってくれます。


一番の特徴としては、夜になると葉っぱが閉じること。
なんででしょうね?

詳しいことは忘れちゃったけど、葉っぱの付け根あたりの水の動きがどうのこうので葉っぱが閉じる仕組みだったと思います。

仕組みはそうなんだけど、じゃあなんで閉じる必要があるのや?ということが疑問。
まぁどうせ葉っぱからの水分の蒸発を減らすためだろうけど・・・

人間が人生の殆どを「金と恋愛とダイエット」のことで費やしているように、植物は形から生き方までその殆どの労力を「光と水」を確保するために費やしていることを考えると、やはり水分蒸発阻止説が有力ではないでしょうか。


さて、アカデミックな探究心の冒険は置いといて…
育て方ですが、エバーフレッシュは育てやすいと思います。
何を以て育てやすいというのかといえば、水をよく吸うからです。

水をよく吸う=土が早く乾く=水のやり過ぎになりにくい

室内で植物を枯らしてしまう原因のトップを独走する「水のやり過ぎ」
水をやり過ぎると根腐れしてしまうんですね。(ちなみに私は、根腐れと言っても実は「土が腐ってそれで根っこも腐る」というのがホントのところだと思ってます)

エバーフレッシュはどんどん水を吸ってくれるので、根腐れしづらい。それが利点です。


ただし逆をいえば、水をよく吸うので油断すると水切れさせてしまうということでもあります。

エバーフレッシュを水切れさせると、それはもう悲しくなるくらい葉っぱが落ちます。

水切れさせてしまっても、すぐに気付けば葉っぱが落ちるだけで(それでもマルハゲになるけど)済みますが、気づくのが遅いとそのまま枯れますのでご注意。
エバーフレッシュは水のやり忘れに注意してください。


もう一点、重要な気をつけてほしいことがあります。
それはエアコン。特に暖房。

暖房の風がおもいっきりあたるような場所に置いてしまうと、一夜にして葉っぱが全部チリチリになってこれまた悲しい朝を迎えることになります。
暖房の風があたって葉っぱが揺れるような場所には決して置かないように。


上記2点気をつけてれば大体大丈夫だと思います。
それさえ気をつければ、個人的には育てやすいと思います。


あとはさらっと、特徴や注意点とかを・・・

なるべく明るく暖かい場所で育てる。
ある程度光が少ない場所でも育ちますが、暗いとポツポツ落葉してきます。
そして、葉っぱが大きくなってダルっとだらしない感じに育ちます。
よく日に当てて育ててるエバーフレッシュは葉っぱがコンパクトにまとまってシャキっとしていてフレッシュ感が段違いです。

あと、こいつはあんまり寒さには強くないです。
一般的な室内であれば心配するほどでは無いですが、10℃を下回るような環境は要注意。
水は消費しがちな植物なのに活性が下がって水を吸わなくなるというワガママさんです。

何度か屋外冬越しチャレンジにエントリーしましたが、毎回12月の時点で早々に敗退してます。


日中に葉っぱが閉じてたら水切れの可能性大
通常、夜になると葉っぱを閉じますが昼間に葉っぱを閉じてたら要注意です。
その場合は大体水が足りないサインです。地味めなアピールですがわかりやすいので、見かけたらすぐ水。
(薬を噴霧したり、配達で車に積んだりしたときも葉っぱを閉じます)


カイガラムシがつきやすい
やや付きやすい印象ですね。
ややというか、付きやすいでしょう。(売れなくなったら嫌なので、少し控えめに言ってしまいました)

綿みたいな白いタイプがほとんどで、まれ何かテカったゴマみたいなやつがいることもあります。
葉っぱがテカっていたり、植物の周りの床とかがベタついていたら、間違いなくカイガラムシがいますのでなんとかしてください。


花が咲いたり豆が実ったりする
何タイミングかわかりませんが、急に花が咲くことがあります。
マメ科の花らしく、まんまるふわふわのお花ちゃんです。たんぽぽの綿毛みたいな。

大してキレイな花ではありませんが、シェフレラの花なんかと違って、まあまあ嬉しい部類ではないでしょうか。

そして花のあとには豆が実ることがあります。赤いサヤインゲンみたいな豆です(アカサヤネムノキたる所以)。
サヤが赤で豆自体は黒。
結構攻めた配色ですので、一度は見る価値ありかもしれません。(ちなみに豆を撒くと、ベビーフレッシュが芽をだすこともあります。カワイ)

なお、花や実が沢山つくと葉っぱが黄色くなったり落葉しやすくなったりします。
花とか見てみたい場合は、いくつかだけ残して後は取り除いたほうがいいかもしれませんね。(肥料とかやったら黄色くならないのかな?今度試してみますね)


成長が激速
多くのマメ科植物にも言えることですが、エバーフレッシュは成長が早いです。
かなり早いです。
日当たりのいい場所で育てているのであればそれでいいですが、暗めの場所で育ててる場合はか細く伸びて葉っぱの重みでベロンベロンになる危険性があるので要注意です。

明るさがいずれの場合もちょくちょく剪定したほうがいいと思います。
大きく育てたい場合でもこまめに剪定したほうが良い形に育ちます。(葉っぱがつく枝の数が増えるし、枝数が増えれば一つ一つの葉っぱがコンパクトになって素敵)

ちなみに、エバーフレッシュ(にかぎらずいろんな植物)がベロンベロンに育っているからと言って支柱をで支えるのはオススメしません。
成長に伴って死ぬまで支柱を継ぎ足し続ける覚悟があるなら止めませんが、支柱は呪いとほぼ同意ですのでやめといたほうがいいです。

糖質制限ダイエットみたいなもんです。
アナタ一生白米食べない覚悟あるんですか?死ぬまで洋麺屋五右衛門行かないつもりですか?
あて布して短期的に取り繕っても、根本的なことを良くしない限りは解決しません。

支柱も一度やり始めたら一生やり続けるか、くじけて樹形崩壊するか、行くも帰るも地獄状態にハマるだけです。
(剪定の話も支柱の話もいずれ書きますね)


いつも通り脱線してるので、最後にまとめ

  1. 水をしっかり
  2. なるべく明るい場所・暖かい場所
  3. 成長早いからバシバシ切れ

と言った感じです。

カシワバゴム(フィカス・リラータ)

カシワバゴムの育て方

正式名はフィカス・リラータ。熱帯アフリカ原産だそうです。

一番の特徴は葉っぱ。
カシワの葉っぱに似てるから柏葉ゴムとよばれていますが、そもそもカシワの葉っぱが馴染み薄いのであんまりピンとこないですよね。
(ちなみにカシワはどんぐりの実る、カブトムシとかがよってくる木です)

そんなカシワバゴムの葉っぱは、ゴツゴツしていてかたい。
なんというかデコボコというか波打ってるというか、ちょっと個性的な形状です。

葉っぱがけっこう大きいタイプと小さめのタイプのものがあります。
小さいタイプのはバンビーノと呼ばれています。

好みではありますが、小さめサイズを育てるなら見た目のバランス的にバンビーノの方が良さそうです。

このカシワバゴムはあまり枝分かれするタイプではないのでスリムな樹形のものが多いです。
逆に言うと枝ぶりが良いものは結構レアなので、迷ったら買いです。気に入ったら買ったほうがいいですよ、そういうのは。
特に小さいサイズで枝分かれして広がりのある樹形のものは見つけたらラッキーです。
(ちなみにですが、私が初めて見た芸能人はラッキー池田です)

 

育て方は一般的なフィカスたちと同様で、

多少は耐陰性はあるけど、なるべく明るい場所
耐寒性は弱くはないが強くもない(一般的な室内なら問題なし)
水の吸いっぷりも早くも遅くもなく

いわゆるひとつの「普通」ですね。

育てる難易度は低め(簡単)だと思います。

虫がついてるのもほとんど見たことがないし、「こんな環境悪いとこでよくも育ってるなぁ」ということもあります。

環境にもよりますが成長は遅め。
ときより徒長枝(とちょうし)といって、急に勢いよく伸びてくる枝があったりしますが、基本的にはゆっくり。

良くも悪くも変化が少なめ系の植物です。

変化少ない系なので放ったらかしにしがちですが、根腐れしてたり光が不足してたりすると、ある日突然ドミノ倒しのように葉っぱが落ちまくることがあります。
これは実際には急になるわけではなく、変化が少ないがゆえに気づかないうちに状態が悪くなっていて、あるタイミングで一気に表面化するというパターンです。
「調子悪いなら早く言ってよ」という感じですが、それは植物の声が聞こえないあなたのせいであり、植物に文句言うのはお門違い甚だしいことです。
(なお、私くらいのレベルになると精神が研ぎ澄まされ植物の声が聞けるようになります)

 

環境が悪いところでもすぐには(見た目的に)変化がないので大丈夫だと思ってしまいがちなので、そこは要注意です。
あとは、<明るい場所で、乾いたらたっぷり水、受け皿等に水をためない>の三種の神器を揃えておけば簡単に育てられるはずです。

頑張ってね。

 

シェフレラ

シェフレラ

種類としては一般的な観葉植物。

たまに家の前にやたらいっぱい鉢植え置いてるとことかあるけど、そういうとこに混じってたりします。
あとは、ショッピングモールとかの中の植栽にあったり、オシャレなカフェにあったり、場所を選ばず存在します。
名前は知らずとも、気にかけたことはなくとも、きっと一度は遭遇しているのではないでしょうか?

そんな感じの植物なので、一口にシェフレラと言ってもカッコいいものからカッコよくないものまで色々あります。

おばちゃんの家の前にあったり、おしゃカフェの中にあったりと、すなわちどこでも育つわけですね。

知っての通り、私はあまり植物に対して「丈夫」だ「強い」だ言うのは好きではないのですが、シェフレラはどこでも育ってる丈夫なやつなんですね。

何を以て丈夫かというと、
おばちゃんの家の前にある→暑さ寒さに強い・一年中屋外でも育つ
おしゃれカフェにもある→ 耐陰性が高い・暗いところでも育つ(オシャレなカフェって薄暗いでしょ?)
さらに水不足への耐性も高い

そんな感じで丈夫な植物とされているようです。

たしかに何もしなければ丈夫なやつです。
「あれ、そういやずっと水やってなかった。やばい!」となっても「別に平気ですけど」くらいの丈夫なやつです。

ただし、水のやり過ぎには弱いです。
腐ります。すぐ根腐れします。

試しにもう一度言いますね。

水をやり過ぎるとすぐ根腐れします。

特に冬ね。
気温が低い時に水やり過ぎたら、それはもう腐れます。
あと、暗い場所に置いてる場合も腐れやすいので要注意。寒暗の場合は言わずもがなです。

これだけはシェフレラを育てる上で気をつけてください。あとはなんでもいいです。

※耐陰性は高いですが、なるべく明るい場所で育てるに越したことはありません。
明るい場所で育てていれば、多少水をやり過ぎてもなんとかなりますし健康で丈夫に育ちます。虫も付きづらくなります。

 

それだけ注意してもらって、あとはプチ情報でも。

たまに花が咲きます。

何の色気もない、喜びを与えてくれない花です。
なんなら花に栄養がいってしまって、葉が黄色くなりやすいです。
しかも花付近にはカイガラムシが付きやすいです。
LUFFでは見つけ次第、ポキっと折ってます。

いつもは新芽が伸びてくるところから、「なんかちょっと形違うのが伸びてきたんだけど」みたいなとき、たぶんそれは花です。
記念に一度くらいは花が咲くところを見てみてもいいですが、多分次からはポキっといくことになるでしょう。

 

まとめ

耐陰性はあるけど、なるべく明るい場所で
水やりは土がかなり乾いてから(カラッカラになるくらい乾かしてよし)
寒さに強いので屋外でも可