カテゴリー: ブログ

丈夫な植物をお探しの皆様へ

「丈夫な植物ってどれですか?」

この質問は10000回くらい受けました。
その度に僕は、その質問に答えずに植物を置く場所や環境のことを聞き返します。
質問に対して質問返しです。

けっこう鬱陶しい人です、僕は。

でも、その質問に「これです」と答えた時点で、僕が植物を扱っている意味がなくなり、それはただの券売機と同じ地位になってしまうと思っています。

丈夫な植物などありません。
南極に行けば凍るし、砂漠に行けば枯れます。

それに、すべての植物は丈夫です。
何億年か何十億年地球で生きてきて、南極であろうと砂漠であろうと育っている植物はあります。

「理想の恋人を探しているのですが、紹介してくれませんか」

じゃあ、逆に聞くけどどんな人がいいの?
顔は?身長は?収入は?趣味の合う人?大事にしてくれる人?自由にさせてくれる人?

植物を上手に育てることは、恋人と上手に付き合っていくようなものです。

相手がどうしてほしいのか、何が好きで何が嫌いか、アウトドア派?インドア派?
相手の為にどれだけのことができるのか、毎日会いたいのか週に一度だけでもいいのか、はたまた数か月に一度?冬の間は一切会わないでも大丈夫?

相手は毎日会いたいのに、自分は週に一回しか会いたくない、そんな相性なら長くは続かないでしょうね。

植物の中には、毎日のように水をやらなくてはいけないものもあるし、一か月に一度程度が良いものもあります。
中には数か月の間、水をあげてはいけないものだって。

同じ植物でも環境や季節、大きさ・土・根・日当たり・・・・などなど、その時々によって違います。

相手が何を思っているのか、恋人に接するように、赤ちゃんを育てるように、相手のことを知りたいと思えば上手に育てられるはずです。

なお、相手を知りたいと思いすぎると、部屋に置ききれないほど植物を育てはじめてしまう人がいるので、間取りと相談しながらでお願いします。

 

で、結局丈夫な植物はどれなの?という質問には、サッカー選手にはサッカーを、野球選手には野球をやらせろ、という答えにならない答えしかできません。
それぞれ性格があるからです。

置き場所のことを隅々まで話してくれたら、その場所にふさわしい植物を一緒に探しましょう。
イケメンに出会ったとしても、時には「あなたには相応しくないから」と購入を拒むこともあるかもしれません。
それでもイケメンと付き合いたいなら止めはしませんが、「やっぱり見た目じゃない」と悟る時がくるかもしれません。

<LUFF>

LUFFがオープンして10日が経ちました。

いろいろな人の助けと応援に支えられてなんとかスタート。
順風満帆といえるかどうかわかりませんが、小さなLUFFという船は必死に前へと進んでおります。

ラフだかルフだか分からない、というご好評をいただいている<LUFF>という店名。
LUFFという言葉は船の用語で「風上に舵をきる」という意味。
店名を考えていた時に偶然出会った言葉でしたが、「風上に舵をきる」という訳の意味がわかりませんでした。
帆船が風上に?イヤ、無理でしょ。

そう思っていたのですが、調べてみると帆船も向かい風に向かって進めるそうなのです。

無理だと思っていても、どんなに困難な道でも、踏み出す勇気さえ持ち続ければ進めない道はない。そんな事を言われたような気持になりました。

あえて向かい風に挑む訳ではありませんが、追い風の時もあれば向かい風の時もあり、この先雨の日も凪の日も諦めることなく進んでいかなくてはなりません。
そんな僕らに、この「LUFF」という言葉は勇気をくれる、そんな気がしたのです。

そんな意味をもつLUFFは、Laugh(笑う)のラフ、気楽なRoughです。
LikeとLoveの間、みたいなスラングもあるらしく、親友などに「I LUFF YOU(大好き!)」と言ったりすることもあるそうです。

そのスラングもLUFFという言葉が気に入った理由です。

LUFFは、素敵でいろんな人に憧れられるような店ではなく、用がなくてもついつい寄ってしまう身近で人や町に愛されるような、小さくてもそんな場所でありたいと思っています。

そんなLUFFをこれからもよろしくお願い致します!
期待を裏切らないよう、全力で頑張ります!!

DSC_2849