カテゴリー: 今日の×××

アストランチア

アストランチア

オシャレ花材のアストランチア。
写真のものはスターオブリビオン

この花は同じ花色でもいくつか品種があるのですが、僕にはよくわかりません。

とりあえず、これを飾っておけばオシャレという優秀な花です。

花の保ち具合は、我が家の洗面所だと現在進行系で2018年から年を越して1ヶ月以上達者で暮らしております(これを書いた日は2月1日)。
ただし、いつでもそうかと言うと、そんなことはないと思います。

室温が低くて、あまり乾燥していない場所だと花は長持ちするので。

暖房のきいたリビングなんかだと、そこまでもたないでしょうね。
特に花びらの薄い花は乾燥に弱いです(LUFF調べ)。

カサカサした感じの花で、もちろんドライフラワーになりそうなのですが…

ドライにすると、花がしぼみ過ぎてほぼ無くなります。
大方の予想を裏切り、全くダメですので干さないように。

干し損です。

アリウム・コワニー

アリウム・コワニー

可憐な花です。

<アリウム>はネギ属という意味で、要はネギの花です。
アリウムシリーズにはコワニーの他にも、ブルーパフューム・ギガンチュームなどいろいろあります(2個しか思い出せなかったけど)

茎の先っちょにたくさんの蕾がついていて、全部咲きます。
なので、結構長いこと楽しめますね。我が家の洗面所なら2週間は余裕でしょうね。

1本¥100~200くらい
出回り時期はよくわかりません。
今の時期はありますし、初夏にもあったような気がします。

茎がくねくねしていて、花があっち向いたりこっち向いたりなので、もしかしたら飾りにくいこともあるかもしれません。
でも人生ってそういうものじゃないですか。
思い通りにいかないことだって、アハハと笑って受け入れましょう。

無理に矯正させるのではなく、個性を受け入れ、のびのびと活けましょう。

 

パンジー

何を見ても「かわいい~」という言葉で済ませちゃうのは、僕はあまり好みません。
自分ではそうしないようにしていますし、他人が使っているのを聞いても「<かわいい>ではないだろ、それは」と思ってしまいます。

まぁ、そうした何にでも使える<魔法の言葉>というのは役にたつのは確かなんですけどね。個人的にはちょっとあんまりアレだと思っています。

ただ、そんな僕でもパンジーはかわいいと思います。悔しいけれど、かわいい。

花びらのグラデーションといい、フリルがかったその容姿といい、かなり可愛い。
悔しいけどね。

出回りは11月くらいからかな?どうだったかな?
たぶん4月くらいまであるでしょうね。

花もちは、そこそこ。
暖房とかで空気が乾燥していると良くないけれど、そうでなければ10日~くらい持つと思います。

1本の花にだいたい2輪咲いていて、蕾が1つついてるような感じ。
@¥300~350といったところでしょうか。

白・濃いめの薄紅色・濃青紫・すみれ色・ピンク・淡い檸檬色・チョコレート色のラブラドールをちょっと薄くした色など、カラバリはたくさんあります。
僕はラブラドール色が一番好きです。

小さめのパンジーのことをビオラと呼ぶこともありますが、それに関しては品種として明確な分類があるのか、それともノリで呼び分けているのかわかりません。
でも、あえてわからないまま知らないでいるという事も人生においては面白いことなのではないかと思って、調べずにいます。

僕にとっての<魔法の言葉>、すなわちマジカルワードは<あえて>と<アレ>です。