ガーベラ クリームスプリングス

ガーベラ クリームスプリングス

スパイダー咲きというんですかね、花びらがツンツンのタイプ。
淡くスモーキーなピンク色、「大人かわいい」ですね。

こういう大きめの花を飾るとき、少ない本数の場合は色々混ぜないほうが良いかと思います。
よく、「ガーベラ1本、バラ一本、カーネーション一本。申し訳程度に葉っぱ一つ」みたいな飾り方を散見します。
私の中では<お花屋さんでお花を買ってきて飾りました系>と呼んでいるのですが、これはあんまりオシャレ度高くないですね。

個人的には、少ない量(本数)の場合、いろいろ混ぜず1種類とか2種類とかくらいだけで飾ったほうが素敵になると思ってます。

私のスタンスとしては「好きなものを好きなように飾ったらいい」が前提としてあるのですが、なんかオシャレにしたいなぁ素敵にしたいなぁという希望がある場合は、種類すくなくLESS IS MOREしたほうがいいと思います。

種類が少ないほうが、適当に花瓶に突っ込んでおくだけでも良い感じになりやすいし、一つの花をよく見れるし。

この花、これだけ長持ちするんだ、とか、こういうふうに枯れていくんだ、とか、すこし色が変わってきてそれはそれで美しいわ(夏木マリ現象)、とか。

好きに飾るのが一番ですが、なんかちょっとオシャレベル上げたいな、というときは相談してください。

花持ちはよく、長く楽しめます。
私の経験上、ガーベラは鮮度が命。
品質の良いものを仕入れてくればかなり長く咲き続けてくれます。
逆に言うと、鮮度悪いとすぐダメになるので注意です。

茎は柔らか系で腐りやすい系なので、花瓶のお水は少なめが吉です。(5cmもあれば十分過ぎるくらい)
古くなってくると茎の中が黒くなるので、その黒がなくなるところまでカットして花瓶にいれると良いかと思います。
(どこまでも黒くなってて、最終的に超短くなっちゃう展開もありえます)