Herbariumの販売について

この記事は過去のものです。
WEBでのHerbariumの販売・注文は終了しました。ご了承下さい。

Herbariumについて

非常にたくさんのお問い合わせを頂いておりますので、ここらで一発お知らせしておきます。

Herbariumは通販などしているのですか??

この質問が一番多いです。

Herbarium A-type
¥1800+TAX
hight 21cm φ4.5cm

Herarium B-type
¥2700+TAX
hight10.5cm φ7cm

僕がLUFFというお店をやっている上で、またLUFFのオーナーとしての僕の振る舞いとして、一番大事にしていることは「楽しい」です。
前にもどこかに書きましたが、店に並んでいる花や植物は自分が良いと思うモノを仕入れてきていますが、それは僕にとってはどぅでもいいことなんです。

この話を書くと長くなってこの後の仕事に支障をきたすのでやめときますが、要は楽しくないことはあまりやりたくないということです。

確かに通販やネットでの買い物は便利で楽ですが、それよりも実際にお店に来て「えーどれにしよう、メッチャ迷うー」みたいな感じの方が10倍楽しいと思います。

例えば、長崎でカステラを買って帰ったら、同じものが羽田に売っているという状況はとってもつまらない(高校の修学旅行での出来事)。

僕は17の頃から「そこにしかない、そこでしか味わえないモノ」が必要だ。と、このカステラ事件に直面して強く思っていました。

 

そんな気持ちがあり、正直今でもネットでの販売をするべきか否か、迷っています。
「ネットでは売らん!」という断固たるモットーがあればいいのかもしれませんが、半分が優しさで出来ている僕としては中々それを切り捨てられなかったりしています。

 

で、じゃあ売るの?売らないの?ということになりますが、そこは売ります。

「売るのかよ!」
そうなんです、売ります。
芯が通ってないようで我ながらシャクですが、ひとまずそれでいいです。

その代り、条件があります。

①Herbariumの中身は僕が勝手に選ぶ<おまかせコース>のみ。

②いつまでに欲しい、などの日程の指定は受けない

この条件は完全にこちらの都合ですが、LUFFは僕とマリエさんと二人で営んでいる小さなお店です。
アマゾンでも楽天でもなければ、伊勢丹でもありません。

体重の増加を抑えきれないお兄さん以上オジサン未満の僕と、毎日2歳の息子を保育園に送り迎えするママがやっているお店です。

ただし、丹精込めて一つ一つ丁寧に花と共に想いを詰めてご用意します。
ご理解いただける方のみ、ご注文ください。

2016年5月13日時点で、多数のご予約を頂いています。
ご注文いただいた順番にご用意致します。

気長にお待ちいただけると幸いです。

(お店まで足を運んでくれた方への店頭での販売を優先しますので、在庫があってもすぐにはご予約分にまわさない場合もあります。
時に判断を間違える事もあるかもしれません、今日決めた事を明日に変更するかもしれません。

でも手を抜かず精一杯考えています。
おおらかな心構えでお付き合いください。

 

ついでにお願いさせてもらいますが、稀にお問い合わせ頂いたメールアドレスに返信してもこちらからのメールが届かない場合があります。
迷惑メールに分類されていたり、その他設定で届かないこともあるようです。
特にケータイのアドレスで頻発しています。
お問い合わせの際は、info@luff.tokyoからのメールを受信できるように設定しておいてください。
また、お電話番号を記載していただけるとメールが届かない場合や文章で伝えづらいニュアンスもお返事しやすくなりますので、合わせてお願い致します。

ご注文の際はオーダーフォームより送信下さい。