シェフレラ

シェフレラ

種類としては一般的な観葉植物。

たまに家の前にやたらいっぱい鉢植え置いてるとことかあるけど、そういうとこに混じってたりします。
あとは、ショッピングモールとかの中の植栽にあったり、オシャレなカフェにあったり、場所を選ばず存在します。
名前は知らずとも、気にかけたことはなくとも、きっと一度は遭遇しているのではないでしょうか?

そんな感じの植物なので、一口にシェフレラと言ってもカッコいいものからカッコよくないものまで色々あります。

おばちゃんの家の前にあったり、おしゃカフェの中にあったりと、すなわちどこでも育つわけですね。

知っての通り、私はあまり植物に対して「丈夫」だ「強い」だ言うのは好きではないのですが、シェフレラはどこでも育ってる丈夫なやつなんですね。

何を以て丈夫かというと、
おばちゃんの家の前にある→暑さ寒さに強い・一年中屋外でも育つ
おしゃれカフェにもある→ 耐陰性が高い・暗いところでも育つ(オシャレなカフェって薄暗いでしょ?)
さらに水不足への耐性も高い

そんな感じで丈夫な植物とされているようです。

たしかに何もしなければ丈夫なやつです。
「あれ、そういやずっと水やってなかった。やばい!」となっても「別に平気ですけど」くらいの丈夫なやつです。

ただし、水のやり過ぎには弱いです。
腐ります。すぐ根腐れします。

試しにもう一度言いますね。

水をやり過ぎるとすぐ根腐れします。

特に冬ね。
気温が低い時に水やり過ぎたら、それはもう腐れます。
あと、暗い場所に置いてる場合も腐れやすいので要注意。寒暗の場合は言わずもがなです。

これだけはシェフレラを育てる上で気をつけてください。あとはなんでもいいです。

※耐陰性は高いですが、なるべく明るい場所で育てるに越したことはありません。
明るい場所で育てていれば、多少水をやり過ぎてもなんとかなりますし健康で丈夫に育ちます。虫も付きづらくなります。

 

それだけ注意してもらって、あとはプチ情報でも。

たまに花が咲きます。

何の色気もない、喜びを与えてくれない花です。
なんなら花に栄養がいってしまって、葉が黄色くなりやすいです。
しかも花付近にはカイガラムシが付きやすいです。
LUFFでは見つけ次第、ポキっと折ってます。

いつもは新芽が伸びてくるところから、「なんかちょっと形違うのが伸びてきたんだけど」みたいなとき、たぶんそれは花です。
記念に一度くらいは花が咲くところを見てみてもいいですが、多分次からはポキっといくことになるでしょう。

 

まとめ

耐陰性はあるけど、なるべく明るい場所で
水やりは土がかなり乾いてから(カラッカラになるくらい乾かしてよし)
寒さに強いので屋外でも可